« 官兵衛の築城弁当 | トップページ | 続・一人暮らしの怖かった話 »

一人暮らしの怖かった話

今日は昔経験した怖い話を書きます、唐突に。

昔漫画を描き始めた頃、東京のはしっこで一人暮らしをしていたんですが。。。
バイトが終わって帰って来ると、ドアが開いていたんですよ。
『締めたと思って出て行ったのに、おかしいな。でもうっかりしていたのかも』
などと思い、その日は特に部屋の中に異常も感じませんでした。
その頃はバイトが忙しくて、会社員のように朝出て、夜に帰って来る生活だったので、それから四日後くらいに久しぶりの休日になりました。
部屋はえらく散らかっていて、洗濯物もドッサリでした。
さて、掃除をしようと、床に落ちていた一枚のコピー用紙を拾った所、
その紙になんと。。。。


大きな男物の靴の跡がキッチリついていたのでしたshocksign03
やっぱりその時に、空き巣に入られていたんでしょうね。
だけどあまりに散らかっているうえに、本当に何も盗るものがない部屋だったので、手をつけないで去って行ったのでしょう。
皆様も、空き巣にご注意ください。。
ちょっとホッと画像を。
昨日飲んだ椿屋珈琲館のカフェラテ↓
Photo

|
|

« 官兵衛の築城弁当 | トップページ | 続・一人暮らしの怖かった話 »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180402/54803194

この記事へのトラックバック一覧です: 一人暮らしの怖かった話:

« 官兵衛の築城弁当 | トップページ | 続・一人暮らしの怖かった話 »