« ハトヤ行ってきました! | トップページ | 今日は寒いですね »

最終話

今日発売のモーニングでどうにか最終話を無事に迎える事ができました。
今読み返してみると⋯やはりああすれば良かった⋯こうすれば良かったなどと反省も多いです。

そんなのも含め、次回作はもっと良いモノを描きたいという野望がメラメラと沸き上がっております。

そして、単行本4月23日発売予定です!
わーーーっヤッターーーッ!!
楽しみです♪ 

単行本作業と共に楽しみなのが、DSの「レイトン教授と不思議な町」です。
予約してあったのが、先程到着しました。
可愛らしいストラップ付きです。

わーい!今からやりまーす!

あっ、ネームも頑張りますよ。
近いうちにまたお目にかかれるように。

|
|

« ハトヤ行ってきました! | トップページ | 今日は寒いですね »

「日々のこと」カテゴリの記事

コメント

最終回読みました!
49daysに続き、感動的なラストだこと。。
単行本も発売だそうでおめでとうございます。

次回作を楽しみにしてます。

投稿: 眼鏡in川越city | 2007年2月16日 (金) 02時20分

伊藤先生お疲れ様でした。
第1話掲載の際にコメントさせて頂きました『つるりん』です。御記憶されておられますでしょうか?

【福助】最終話まで熟読させて頂きました。
本当の幸せとはなんぞや?というような素晴らしい漫画であったと思います。
特に印象に残っているのは千晶の『顔』です。第1話での絶望の顔、9話最後のコマの
福助が力を使い切った姿を見た時のせつない顔。そして別れの涙。写真の中の千晶。そして歳をとり幸せをつかんだ千晶。いずれも強く印象に残っています。
思い返せば、最後のお婆ちゃんになってからの千晶は私の祖母に似ている気がします。
福助の言う『命の繋がり』を祖母も感じていたのでしょうか・・・。婆ちゃん孝行はしたつもりでしたが、もっともっと優しくできたんじゃないかなぁと思い返してしまいましたw

10話という限られた話数ということで描き切れなかった部分もあるかと思います。
特に大黒親子とお守様については疑問点がいくつか残りました。
しかしそれを差し引いても最後の千晶の顔を描ききれたこの作品は素晴らしいものだと賞賛致します。

単行本も出されるということで大変オメデトウございます。もちろん購入させていただきますが、話末にありましたようにこのお話が『第一部』であるのなら、ぜひ『第2話』も読みたく思います。

まずはお疲れ様でした。次回作も期待しております。

投稿: つるりん | 2007年2月16日 (金) 08時26分

私も昨日雑誌を買って、もう何度も読み返しました。

49daysの時は、何日も頭の中から離れなくて、それがヒタヒタと感動や世界観が増していくんです。
その後、次の作品を待っていたのですが、やっと福助で出会えました。

第一部完とあったのですが、って言う事は第二部もあるのかな?と思ってました。

福助の本買います。
あと、49DAYSも一緒に読めればと思っています。

投稿: dayday | 2007年2月16日 (金) 21時51分

生協の雑誌コーナーで立ち読み中
(気になる話だけは先に読んでから買う派)、
千晶のアルバムから終わりまでのシーンで
思わず涙が出ました。
千晶がこれからの長い人生を生きるための力こそ、
福助が最後にくれた幸せなのですね。
「忘れられない人がいたからなんだよ」という
セリフにじんとしました。
私も死ぬ間際にいい人生だったと思えるような
生き方ができるといいなぁ。
(結局他のお客に気付かれないように下を向いたままで
行動する怪しい客となりました。でもレジの人に見られた…)

なにはともあれお疲れ様でした。
単行本と次回作を楽しみにしています。

投稿: ゆきね | 2007年2月18日 (日) 22時44分

神様も悩みがあるんだなあ。

いつか福助にも
また、幸せが来ればいいなあ。

福助を人間にしてあげたいです。
千晶と見合うくらいのおじいちゃんに。

ゆきねさんと同じく怪しいお客さんになりました。

投稿: 涙色 | 2007年2月27日 (火) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180402/5350036

この記事へのトラックバック一覧です: 最終話:

» ナゾトキ [ナゾトキ]
あなたもコレでナゾトキしてみません?? [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 01時03分

« ハトヤ行ってきました! | トップページ | 今日は寒いですね »